整骨院からのお知らせ

ランニングで起こるスポーツ貧血

ランニングで起こるスポーツ貧血


ランニングでの貧血は、ヘモグロビンが減っています。
ランニングで貧血を起こす原因は主に、大量の汗とともに鉄が体内から流れ出るからとされています。
鉄が体内から流れ出ると、鉄とタンパク質でできているヘモグロビンを減らすという現象が起こります。
ヘモグロビンは血液のなかに存在し、酸素を体中に運びますが、ヘモグロビンが減少すると酸素が体内に行き届かなくなります。
結果、ランニングのパフォーマンスは一気に低下します。

 

• 足が前に出ない
• 踏ん張りがきかない
• 粘れない
ということになります。

 


ランニングでかいた汗が体から鉄を奪い、酸素の運搬役のヘモグロビンを減らす
ということが、ランニングによる貧血の理由になっています。
他にもランニングによる貧血の原因として、足の裏を地面に長時間叩きつけるから
ということも言われています。
足の裏の血管が叩かれることで、赤血球や他の成分が壊され、減少してしまうからということです。
このような原因がランニングによる貧血と考えられています。

月別アーカイブ

最近の投稿
休診のお知らせ
休診のお知らせ
お盆は休まず診療しています。
GWのお知らせ
美顔鍼